光熱費の節約は大きな施策と細かい節約術の組み合わせで行いましょう

MENU

光熱費の節約は大きな施策と細かい節約術の組み合わせで行いましょう

光熱費8
光熱費の節約と言うと、ケチケチ作戦の様な節約術を考える事が多いものですが、そうしたケチケチ作戦の前に、大幅に光熱費を節約する大きな施策を講じる事を忘れないようにし、その両面で進める事が必要です。

光熱費の大きな節約として、まず見直すべきは電気代で、これを例にとって説明したいと思います。

電気は電気製品の消費電力によって大きな削減が可能なため、使用電力量で大きなウエートを占めるエアコン、冷蔵庫、照明器具の消費電力の少ないエコな製品に早めに買い替える等の施策が重要です。

 

照明器具では、東日本大震災後に節電が叫ばれた時に、トイレや玄関や階段などの白熱電球をLED電球に取り替えられた家庭は多いでしょうが、サークル管の蛍光灯を使用する各部屋のメインの照明器具はそのままになっている場合が意外と多いはずです。

 

当時はLEDの照明器具は高価であったため、取り換えを断念され、そのままになっている事が多いのです。最近ではLEDの照明器具も価格が大幅に下がりましたし、また器具はそのままでサークル管の蛍光灯の代わりに使用できるLEDサークル管も発売されており、こうした消費電力が大幅にダウンする製品に計画的に買い替える事が大きな施策として実施すべきです。

光熱費7
その上で、さらにエアコンの効率アップのためにフィルター掃除をこまめに行ったり、室外機は直射日光を遮るすだれ様のものを立て掛けたりするケチケチ作戦や、冷蔵庫では冷凍庫にはものを詰め込み、冷蔵庫はものを少なくして空間を取れるようにしたり、開閉回数を減らしたり、庫内に冷気が逃げるのを防ぐカーテンを設けたりと言ったこまめな節約法を積み重ねるのが良いでしょう。
光熱費9
家族全員が廊下や階段の照明の消し忘れを防止するためには、器具を替えなくても、センサー付きで人を検知した時のみスイッチが入る様なLED電球を使用する等、便利な製品を活用する知恵も必要です。

 

こうした、大きな節約を確実に実施する事、節電・節約と口をすっぱくして家族に徹底する代わりに便利な製品を採用する事を優先的に行えば、光熱費の節約で何となくケチケチし過ぎると言った感じもなく、大きな節約を行う事ができるものです。大きな節約のネタを見落としていないか、再度見なす事から始めましょう。

光熱費を節約できたら家計がすごく楽になりますよね

光熱費って毎月の出費で必ず必要ですよね。生きていく上で光熱費をゼロにするのはできません。
どうにかして節約できる方法はないのかと考えている人はすくなくないでしょう。光熱費を節約できたら、他にもお金を回せるのでもっと楽に生活できますよね。

光熱費が一番かかるのは冬ではないでしょうか。

こたつに暖房にヒーター。お子さんがいてる家庭だとなおさら部屋を暖かく保つように意識されているので光熱費も高くなりがちです。
光熱費10
ですがちょっとした工夫で体や部屋を暖かくできます。
すごく簡単なことですが、スリッパやフリースなどで体を暖かくする。冬用のスリッパはフリース生地など温かい生地で出来ているのですごく温かいです。
寒さは足からくるので、足が冷たいといつまでも体が暖かくなりません。そこで足元をしっかりと温めてあげる必要があります。足元を温めるだけでも体の暖かさが全く違います。
光熱費11
次はフリースなどを一枚羽織ることです。寒いとすぐ暖房などを入れがちですが、もう一枚多めに羽織ることで全く違ってきます。
あとは温かい部屋作りです。カーテンや絨毯で断熱することです。カーテンは暖房で温まった部屋の温度を逃さないためにも重要になってくるので、このカーテンを厚手のものや、床までしっかり届くようなものに変えます。
あとは外出直前にヒーターや暖房の電源を切るのではなく15分前など少し前持って消しましょう。部屋はすぐに冷めないのでそういった些細なことから節約することができます。
光熱費12

ストレスを感じずに、些細なことから工夫をしていって負担にならない程度に節約して行くことがポイントになります。

ストレスを感じてしまったり無理をしてしまっては、節約する意味が全くないと思います。
こうして節約して、少しづつでも家計を楽にしていって、充実した生活を送れたらいいですね。