光熱費を節約して少しでも家計の足しに。

MENU

光熱費を節約して少しでも家計の足しに。

毎月意外とお金がかかるのが光熱費です。
特にガスは水道光熱費の中でも1番かかる費用です。

 

毎月1000円でも光熱費が浮けば、貯金にまわせます。

なので、料理をする際に工夫していることが、なるべくガスではなく電子レンジを使って作っています。

野菜を炒める前に、必ず電子レンジで温めると固い野菜でも火のとおりが早くなるので、ガスを使う時間が少なくなります。
また、煮物を作るときも同様にすると長時間使用するガスも半分の時間で煮込むことができるので、節約に繋がります。
光熱費13
どうしても長く煮込まないといけないときは、始めは強火で一気に煮込んで、ある程度具に火が通ってきたと思ったら火を止めます。
そして、厚手のタオルを使って鍋を包んでから大きめのスーパーの袋に入れて、あとは余熱を使ってゆっくり煮込めば、しっかり煮込めて柔らかくなるし、味も染み込みます。
とても美味しいですよ。
しかも、余熱を使っているので、その鍋を寄せておけば、煮込んでた鍋分ガスが空くので、その間に別の料理も作ることができます。

 

また汁物を作るときは、沸騰するのを早めるために必ず蓋をしています。

次の日に余ったお味噌汁を頂くときには、ガスを使うのがもったいないので、先におわんに味噌汁をそそいで、電子レンジで1分ほど温めればすぐ熱々の味噌汁が出来上がります。
味噌汁が入っていた鍋も冷たいままなので、さまさなくてもすぐに洗うことができますね。
光熱費14
料理以外でも光熱費を節約することができます。
それはお風呂に入るときにできるちょっとした工夫です。
まず、シャワーをなるべく使わず湯船のお湯を使って身体を洗い流すことです。女性は髪の毛が長いと大変だと思いますが、身体だったらサッと流すことができるので簡単です。
光熱費15
こうした節約に繋げるという意識を少しでももてたら誰でも節約することができます。
何百円でも何千円でも光熱費代が浮いたら家計は大助かりです。
『塵も積もれば山となる!!』まさにこの言葉通りです。

 

家計の足しのためにがんばりましょう!!