水の保温効果を最大限に生かそう

MENU

水の保温効果を最大限に生かそう

まず前提として忘れてはいけないことは、灯油代やエアコン代をケチるあまり自分の命を危険にさらしては何にもならないという事です。
自室の中で布団に包まっているのに冷気が肌を刺すし息も白いというぐらい寒い日は、北国であれば特に珍しくもありません。
そんな日は、以下に紹介する光熱費節約方法も追い付かないため容赦なくストーブやエアコンをガンガンかけまくるべきです。
さもないと本当に死にますから。
光熱費16
そんな寒すぎてヤバイレベルには届かないぐらいの、普通の冬の日よりもやや寒いぐらいまでの気温の日であれば、日本古来の暖房器具である『湯たんぽ』を全力で活用すればかなりの暖を取ることが出来ます。
水の保温効果と言うのは凄まじいもので、地球の気候が安定しているのも海が保温しているおかげであり、湯たんぽはその保温効果を利用している道具です。

 

そんな湯たんぽを練る時に布団の中に入れるのはもちろんの事、コタツの中に入れることでコタツに使う電気を丸々カットできるようになります。
コタツがないのなら膝掛けの下に入れてもいいですし、椅子の下に足置きとして設置してもいいです。
ただし床に直置きすると熱が逃げやすくなるので注意は必要です。
とにかく、人の体は足を適切に温めると全身がじんわりと暖まる仕組みになっています。
これによりストーブエアコン代の節約も期待できるのです。
光熱費17

そんな湯たんぽ作戦の難点としては、まずやかんを使う時に火傷の可能性があることです。

これはもう気を付けるしかありませんが、気を付けてもどうにもならない難点も他にあります。

これはあくまでも一人用という点です。
家族大勢と住んでいる場合全員分のやかんを火にかけていられませんし、友達を招き自室に何人も屯している時に全員暖を取るのにも全く適していません。

 

ただし一人だけ暖まりたいという時には効果は折り紙付きですので、試す価値があると思えたならば試してみてはいかがでしょうか。自由なお金を増やす為にも、ストレスのかからない程度に光熱費の節約を