自由なお金を増やす為にも、ストレスのかからない程度に光熱費の節約を

MENU

自由なお金を増やす為にも、ストレスのかからない程度に光熱費の節約を

光熱費は言わずと知れた生きていく上で必ずかかってくる経費ですが、それを極力抑えることが出来れば自由に使えるお金が増えます。その為にも小まめに節約するということが自由なお金を作る必須の条件ですが、今は様々な節約グッズが販売されておりそれを利用しない手はありません。

 

例えば水道ですが、「節水ノズル」という物を蛇口に付けるだけで水道使用量が確実に減ります。

これはそのノズル内部の構造により少ない水量で大きな水圧を得るとが出来るので、使い心地は未着用時と比べ全く違和感がありません。同じような物では節水シャワーや節水トイレなどが販売されておりますので、水周りはこれらを付けた方が良いでしょう。価格帯を見てもコストパフォーマンスはかなり良いはずです。
光熱費20

続いて電気関係。こちらは待機電力に関わるもので節約グッズとしては電源タップです。

直接部屋のコンセントに差し込むのではなく電源タップを通す事で、使用していない電気製品の電力供給をここで止めてしまうというものであって、かなりのロスをカット出来るでしょう。電気の節約こそ小まめさが必要です。
光熱費21

最後にガスですが、水道と同じくグッズがある程度の有効ですし、料理上のコツもあります。

特に煮物関係では圧力鍋を使用する事により調理時間を短縮させたり、普通の鍋においても味付け等が終わったら直ぐに火を止め、鍋ごと毛布に包んで余熱を利用して調理するなどの様々な工夫が挙げられます。ちょっとしたひと手間ですが、塵も積もれば山となるでしょう。
光熱費22
ただしよくある話ですがそれら節約生活に関わるストレスの反動によって、ある時急に暴飲暴食に走ったり買い物によって散財させてしまうようなパターンが見受けられますので、何事も程々にが良いです。ストレスを溜めることなく、最終的な収支のプラス量が出来るかぎり大きくなるようにバランス良く生活して行くのがコツですね。